加害者請求と被害者請求

人身事故が起きた場合、自賠責保険の補償が使えますが、その際に加害者請求

 

の他に被害者請求が行えます。基本的に保険の請求は加害者が被害者の求め

 

に応じて支払い、その請求を自賠責保険に対して行うのですが、そうではなくて、

 

被害者が直接自賠責保険に対して請求することができるようになっています。

 

これを被害者請求と言います。本来は加害者が補償するべき費用を保険が助け

 

ると言う仕組みですので加害者が立て替えて支払い、それを保険に請求するもの

 

なのですが、自賠責保険に関しては被害者が直接請求できるようになっていま

 

す。これは自賠責保険が被害者救済の為の保険である為の制度で、加害者が請

 

求の手続きを行ってくれない場合などに利用できます。

 

また被害者請求をすることにより、借払いを利用するkとも出来ます。借り払いは賠償額が確定するまでの間の当面の費用をまかなう為の生後で、被害者からだけ請求できます。

 

死亡事故で290万円ケガの場合はケガの程度に応じて金額が決まります。

 

またケガの療養が継続中で金額が確定しない時は、費用が10万円を超えた段階で内払い金も請求できます。

 

このように一見面倒な被害者請求ですが、実は自賠責保険ならではの、被害者保護を優先させた制度で、非常に有意義な制度です。

 

 
車査定 相場